2006年12月18日

PS2来た!

これまでのあらすじ
ちゃんと動くプレステ2をヤフオクで落札したものの、ネットに繋がらないという初期不良があるやつ(ハズレ?)であったため、返品・交換してもらうことにした。というお話じゃよ。

今日ようやく正常に動作するやつが届いたので、今日からPSU復帰できるぞー。

その出品者の人がすごくいい人で心に残ったので、事の顛末をここに書いておくよ。

出品者のかたは、プレステ2のジャンクを手に入れては自分で修理してオークションに出品して銭を稼いでいる人のようで、よほど修理の腕に自信があるのか、実は本業なのか謎だけれど、出品しているプレステは全て「完動品」「3ヶ月補償付き」と明記されてる(シール開封してるので、メーカーではなく本人が直すらしい)。

それだけでなく、おまけ品とかコントローラとか余計な付属品が一切付いていないという、わたしにとって願ったり叶ったりのモノだったのでソッコー落札したのですが、実はSCPH-30000の一部のロットで「ネットワークに接続できない初期不良」があるらしく、見事にその不良品に当たってしまったのでした。

(この不具合について詳しくは「DNASエラー20881」とかでググりなされ。)

「完動品」なのにそんな不具合があったら詐欺じゃないのかと思われるかもしれませんが、この不具合はメーカーに言えば無償修理の対象になるものの、あまり大きくアナウンスしてないので、もし不具合がある本体を使っていても、ネットにつなぐことが無かったら全く気づかないのです。

わたしも30000番にそんな不具合があるかもしれないなんて、そのものを手にするまで全く知りませんでした。元々持ってたやつは幸いにも不具合が無いロットだったみたいだからね。

ネットに繋ぐことが無ければ問題ないからって…ネット対応をうたっておきながらそこんとこほったらかしていたS○NY!個人的にはリコール対象になってもおかしくない不具合だと思う。メーカーは積極的に回収・交換するべきだったんじゃないのか?
(ちなみに問題の本体が出回っていたのは、ちょうどFF11が出始めた頃だったのでなおさらである。)

というわけで悪いのはSO○Y。出品者は悪くないのである。

出品者の人もこの手の不具合は初体験だったらしく、修理むりぽ(´・ω・`)ということで、今度別の本体が入荷するからソレを直して送りますよということに。

しかし嫌な予感が的中して、その本体も例の不具合付きのハズレ本体だったらしい(´・ω・`)

しかも2台入荷して2台とも。

半泣き(?)でそのことを報告してきた出品者。返金も考えていますとのこと。

こっちは出品者が悪いとは思ってないし、むしろ誠実な対応に感謝してるぐらいなので、急いでないからアタリ(?)が入荷できるまで待っててもいいし、もしくじけそうだったら返金でもいいよーみたいなことを返信しといた。

そしたら、次に入荷したやつが正常動作!
というわけで今に至ります。

ネットオークションで詐欺にあったとか、補償付きって書いてあるのに補償してくれないとか、そんなトラブルも多いのは事実ですが、一方でこうして誠実に対応してくれる人もいるのですね。

お金が動くので慎重に行動しなければなりませんが、こういうことがあるとやっぱり楽しいなって思います。

もう、わたしが持ってるジャンクのPS2をその人に貰ってほしいよ!
と思ったけれども、それとこれとはまた別なので。
posted by づ at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | PlayStation2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29872318
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。